教育の特色

7つの教育目標

3段階の学習ステージ 7つの教育目標 海外研修 産学連携
授業改革 特性・個性・才能の発見と育成 確かな学力と進路実現 チャレンジ精神と豊かな感受性 国際性の育成 創造と感動から生きる力を 自由と規律のバランス

チャレンジ精神と豊かな人間性

心を育てる

チャレンジ精神と豊かな人間性

子供から大人へ心身ともに変化していくこの6年間は、「心の成長」が、あらゆることに影響をおよぼす重要な時期です。
中等教育学校においては、6年間安定した教育環境の中で様々な体験の場や交流の場を提供し、コミュニケーション能力を養いチャレンジ精神を培っていくことができます。家庭と連携をとりながら、人間形成をサポートしていきます。

「心」のトータルバランス教育

心の重要性、負荷と刺激、コミュニケーションのバランス

家庭との連携を大切にする生徒指導

少年から青年に脱皮する時、様々な心の揺れが生じます。生徒一人ひとりの心の変化を見逃すことなく、常に家庭との連絡を密に取りながら、その成長をサポートしていきます。

校長オフィスアワー

世間では「校長室」と聞くと身構えてしまうイメージですが、本校では校長自身が「校長室」を特別な空間とは考えていません。むしろ「誰でもフランクに相談しに来ることができる相談室にしたい」という強い希望から、校長が生徒や保護者と懇談する時間「校長オフィスアワー」が開校当初から実施されてきました。当初は、恐る恐るドアをたたいている生徒たちでしたが今では、生徒も保護者も校長の予定を確認したうえで積極的に活用しています。

自分だけの目標を見つける

余裕のある計画的なプロセスの中で多様な取り組みや継続的な活動の場を提供し、その中で自分の将来の目標や自分らしさを発見できるよう指導します。

基礎の反復学習による応用力の養成

他者と自分を考える愛情教育

青少年期に周囲の愛情をしっかりと感じることは、一生のエネルギーを得ることに繋がるとともに、他者を大切にし、生きる喜びを得て他者と協力することの原動力となります。

思春期の自己陶冶をサポート

自立心・自治力・独立心・疑問から解決への経験を導き出す指導です。

思春期の自己陶冶