進路について

進路指導

卒業後の進路状況 進路実現への取り組み 進路指導

松本秀峰では1学年から段階的に、進路について考える機会を設けています。日常的に個別の進路面談を設定したり、学校行事の一環として実際に大学を訪れたりして、大学教育に関する理解を深めています。さらに、進路講演や秀峰アカデミア(保護者による職業紹介)を通して、生徒たちが自らの進路についてさらに深く考えるきっかけ作りをしています。

進路面談/キャリアカウンセリング

一人ひとり異なる進路実現に向けて、随時個別面談を行っています。個別の面談によって、生徒それぞれの実状を把握し、個々の生徒に応じて、適切な時期に適切な指導をしています。系統別・志望校別の面談も行います。6年間を見通した具体的な指導を心がけています。

学習PDCAサイクルのバックアップ

生徒一人ひとりが毎日の学習を適切に行えているかどうか、学習計画やその結果などを記載した用紙をやり取りし、教員による学習状況のチェックを行っています。PDCAサイクルに基づいて、学習の計画(Plan)を立てて、実行(Do)した後に、教員の目を加えた状態で評価(Check)、改善(Act)を行い、内容や分量などの観点において正しく学習を進めることができます。

大学訪問・大学研修

松本秀峰では大学や研究所、企業などへの訪問を通して、大学教育についての理解を深め、進路に関する意識を高めています。高等教育機関における学問の意義、そして高校課程における学習の意義を改めて認識し、進路実現の一助としています。

進路講演

秀峰会PST(保護者会)と学校の連携により、毎年著名人をお招きし、講演会を開催しています。また、保護者が講師になり生徒が様々な職業について見識を深める「秀峰アカデミア」も、好評を得ています。いずれも、生徒が多様な価値観・人生観を学び、自らの進路について深く考えるきっかけとなることを目的としています。