教育の特色

7つの教育目標

3段階の学習ステージ 7つの教育目標 海外研修 産学連携
授業改革 特性・個性・才能の発見と育成 確かな学力と進路実現 チャレンジ精神と豊かな感受性 国際性の育成 創造と感動から生きる力を 自由と規律のバランス

特性・個性・才能の発見と育成

能力開発

特性・個性・才能の発見と育成

学校という集団の場においても、その集団を成す生徒一人ひとりには様々な異なる可能性があります。
本校では、そこにスポットライトを当て、将来に繋がる才能の開花や、能力開発を促す指導と教育を心掛けます。13歳から18歳という人格形成の著しい期間において、一貫した環境で個性を磨くことは中等教育学校だけの強みです。

愛情をもって好奇心をくすぐり、可能性を引き出す

人間(生徒)の可能性は無限大。その潜在する力を6年かけて引き出す教育を実践します。
特に、1・2年次の<基礎期>には、個性・可能性を発見することに取り組み、指導を行います。愛情豊かな環境が個々の開花を促します。

愛情をもって好奇心をくすぐり、可能性を引き出す

活力・活気のある学校生活を!

教育場面の基本に「共生・共育・共愛の精神」をすえて教育活動を行います。教師も生徒とともに成長する努力をします。

共生・共育・共愛

ふれあい集会

全校生徒が一堂に会し、生徒の一人ひとりが持つ個性に目を向ける取り組みを週に1度(水曜日)行っています。学校内外を問わず、様々な活動に焦点を当て、輝かしい功績があった生徒を全員で称えます。様々な分野における秀峰生の活躍が生徒たちの意欲を引き出し、良い刺激となっています。

ふれあい集会

秀峰祭

例年、秋に開催される『秀峰祭』では、生徒自らが企画、運営を行います。普段の学習活動の成果発表に留まらず、個人展示やライブパフォーマンスなど、多種多様な特性・個性を発揮する場として、大きな役割を果たしています。また、前期課程生と後期課程生がともに一つの行事を創り上げることも、中等教育学校にしかできない特長です。

秀峰祭

海外派遣・各種コンクール・コンテスト等、校外活動のサポート

生徒の校外活動をサポートする取り組みとして、海外派遣や各種コンクールなどに、生徒が積極的に参加できる環境を整えています。米国で取材活動を行う生徒や、国際作文コンテストで優秀な成績を収める生徒も多く見られます。近年では、問題解決能力の涵養を目的に、「科学の甲子園」にも挑戦しています。

ロボット