開校10周年記念事業10TH-ANNIVERSARYE

ごあいさつ

学校法人松商学園 学園長
松本秀峰中等教育学校
校長小宮山 淳

本校は平成22年4月、長野県で唯一の中等教育学校として開校し、10周年を迎えることができました。これは関係者各位のご指導、ご支援によるものであり、厚くお礼を申し上げます。

秀峰生は、斬新な「建学精神」のもとで、豊かな人間性や知性を育みながら、未来のリーダーを目指して励んでいます。主体的かつ精力的に様々な学習にも取り組み、視野を広げ、人間力を高めていることは頼もしいかぎりです。自主活動の一部は、数学甲子園、科学の甲子園、国際ロボットコンテストなどでの確かな実績として、花開いています。

大学進学では、それぞれの進路希望を実現してきました。それが後輩への力強いエールとなり、貴重な伝統が形成されつつあります。

こうした秀峰生、卒業生の輝かしい活躍に、改めて感謝と敬意を表するとともに、この10周年を本校のさらなる躍進の踏み台にする決意であります。保護者、地域の皆さまをはじめ、関係者各位には、一層のお力添えをお願いいたします。

次の時代に向けて

学校法人 松商学園
理事長丸山 律夫

平成17年に「松商学園中高一貫教育準備委員会」の発足からスタートし、丹念な準備の後、平成22年本学園念願の「中等教育学校」を開校させました。そして、今年、皆さまのご支援のもと10周年を迎えることができました。

本学園が、松本秀峰中等教育学校を誕生させてから、脈々とその「中高一貫」ならではの秀峰スタイルによる教育プログラムで確かな実績を積むことで、長野県教育の発展にも一翼を担えたものと思います。本年、皆さまの期待に応えるべく、新校舎建設やICT環境の整備等、さらなる教育環境の充実に着手しました。

生徒一人ひとりを大切に育て、我々が理想とし実践する教育の力を信じ、熱き情熱をもって、地域社会の、日本の、そして世界の問題を解決できる人材を育成してまいります。皆様方には、これからも、本学園の目指す人材育成にご理解を賜り、ご支援、ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

沿革

2005年(平成17年) 10月24日 松商学園中高一貫教育準備委員会発足
2007年(平成19年) 4月20日 中等教育学校準備委員会発足
2008年(平成20年) 6月25日 長野県知事に学校設置認可を申請
10月7日 校舎建設工事着工
2009年(平成21年) 10月28日 長野県知事より学校設置認可
2010年(平成22年) 4月1日 開校 初代校長 小宮山淳氏 就任
4月3日 開校記念式典・第1回入学式を挙行
10月30日 信州大学人文学部と教育に関わる包括的な連携協定を締結
2013年(平成25年) 2月20日 社会医療法人財団慈泉会相澤病院と病院見学委受託に関わる契約締結
3月12日 第1回前期課程修了式・秀峰立志式を挙行
3月15日 信州大学理学部と教育に関わる包括的な連携協定を締結
4月1日 後期課程開始
2015年(平成27年) 4月1日 完成年度 全6学年がそろう
2016年(平成28年) 3月1日 第1回卒業式を挙行 第1期生卒業
4月1日 第2代校長 小坂共榮氏 就任
2017年(平成29年) 7月6日 信州大学と教育に関わる包括的な連携協定を締結
2018年(平成30年) 4月1日 第3代校長 小宮山淳氏 再任
2020年(令和2年) 4月1日 開校10周年を迎える
11月 開校10周年記念事業 新校舎建設着工

開校10周年記念事業