秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

学校行事

2学期終業式

12月20日、2学期の終業式が行われました。
小宮山校長は、ノーベル生理学・医学賞の例を挙げられ、免疫に関する2つのDNAについて話されました。あらためて人類進化の壮大な物語に思いを馳せ、3学期にまた健やかで意欲溢れる姿を見せてくださいとエールを送りました。


4学年の生徒代表からは、2学期の総括と3学期に向けての目標が述べられました。
「2学期はこれまでで最も成長した学期だった。学期の初めに、新たなことに挑戦するという目標を立て、委員会や秀峰祭の有志企画、ボランティア活動、大学受験を見据えて秀峰卒業生に話を聞くなど、多くのことに主体的に取り組んだ。様々な考え方や価値観に触れ、自身の成長を感じることができた」と振り返りました。
また、「3学期は自分の仕事に責任を持つこと、時間の使い方を考慮して計画を立てることに力を注ぎたい。さらに、大学に入ることがゴールではないという卒業生からの言葉を踏まえ、自分のやりたいことや目標を具体化し、興味を持った大学についてより一層詳しく知りたい」という決意が語られました。


生徒たちには、新年に向けて新たな決意と熱い気持ちを持って、3学期にも元気な姿を見せてほしいと思います。

開校10周年記念事業