秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

授業実践

秀峰数学科ACL(アクティブ・ラーニング)

2学年では「秀峰数学科ACL(アクティブ・ラーニング)」を実施しました。
 
これまでに学んだ知識を使い、高校数学へと繋がる応用問題を扱いました。まずは1人で解き進め、自分の考えや解き方を明確にしました。その後、グループを作り、問題に対する考え方を議論し、共有することで解法の精度を上げることができました。またその中で、他者にわかりやすく説明することや、周りの意見を取り入れる柔軟さ、1つの解法を作り上げる達成感を得ることができたようです。最後に完成した解法を各グループが発表し合い、問題に対する理解を深めました。
 
4月から数学は高校の内容へと進みます。それに備えてこれまでに学んだ内容をもう一度復習し、好スタートを切ってほしいです。

開校10周年記念事業