秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

授業実践

大学進学を意識して...5学年国語科ガイダンス

本日4月6日(木)から、1学期の通常授業が始まりました。最初の1時間目は、各学年・各科目でガイダンスが行われ、5学年の国語科の授業では、授業を担当する教員から、新しいクラスの編成方法や、扱う教材についての説明がありました。

今年度の国語は3クラス編成。生徒たちの学習の習熟度や志望大学を意識した編成となっています。現代文・古典ともに、教科書を用いた文藻読解の授業に加えて、センター試験の過去問題を用いた演習の授業、放課後の時間を使って行う「秀峰セミナー」など、授業内容は多岐にわたります。

ガイダンスの際には、授業内容やクラス分け、また、試験の難易度や評価の方法について多くの質問が飛び交い、5年生の国語の授業に対する意気込みが伝わってくる時間となりました。

5年次の1月に実施される「センターチャレンジ」を一つの目標にして、今学期の秀峰5学年の授業が、いよいよ"始動"します。

開校10周年記念事業