秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

授業実践

命を救う技術を学ぶ・・・救急講習会

12月17日、4学年では丸の内消防署(庄内出張所)の方々を講師に迎え、救急講習会を実施しました。
 
まず、実際の現場での事例から心肺蘇生術を身につけることがいかに大切なことかを理解。その後、人形を使った訓練があり、初めは人工呼吸に苦戦する生徒や、腕が曲がってしまって正しく胸骨圧迫が出来ない生徒もいました。しかし、丁寧な指導を受けることで、講習も半ばを過ぎるころにはずいぶんと手際よく救急処置を行えるように。本校に数台設置されているAED(自動体外式除細動)の使い方も実技を通して習得。
 
いざというときに尻込みせず、命を救うために最善の処置が出来る秀峰生であってほしいものです。

pi151226_001.JPG pi151226_002.JPG

開校10周年記念事業