秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

授業実践

論理的な判断力・思考力を養う――「4学年英語ディベート」

OC(Oral Communication)の授業の締めくくりとして、英語でのディベートが行われました。4学年は海外研修や普段の授業において、英語でのスピーチは何度も経験していますが、ディベートとなると、相手の意見に反論するための論理的な判断力や思考力が重要となってきます。

テーマは多岐に及び、原発推進か反対か、英語学習において重要なのは文法か会話か、年度の始まりを9月にするべきか否か、などです。専門用語も多く、日本語でも難しいようなテーマですが、今までの様々な経験や知識をもとに入念な準備をしてきた結果、生徒一人ひとりにとって大変充実した時間になったようです。思わぬ反駁にも咄嗟に英語で対処する姿も見られ、これまでの学習の成果と成長を感じとることができました。

今後もこのような大学入試の枠に留まらない学びを続けることによって、論理的な判断力・思考力が涵養されていくでしょう。

開校10周年記念事業