秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

授業実践

【4学年】ディベートクラスマッチ

4学年では本年度最後の授業にディベートクラスマッチを行いました。
事前に与えられたテーマについて、クラス予選を勝ち抜いた12チームが入念に準備をした上で英語の討論に臨みました。

ディベートでは、それぞれの主張(Opening Statement)を述べた後、Refute(反論)とそれに対するDefense(弁明)を交互に行い、どちらが論理的に主張・反論・弁明を行うことができたかを判定します。
どの班もインターネットだけでなく、本や新聞など様々なメディアから情報を収集した上での主張を繰り広げており、中身の濃い討論となりました。また、相手の反駁も予想し、それに対する準備もできており、議論を交わすことでお互いに理解を深めることができました。

討論されたテーマは以下のとおりです。

・Voting should be compulsory.(投票を義務付けるべきだ)
・Renewable energy should replace all traditional forms of energy.(再生可能エネルギーのみを使うべきだ)
・The school year should start in September.(学校は9月に始まるべきだ)
・Violent media makes the society violent.(暴力的なメディアが暴力的な社会を作る)
・The 2020 Tokyo Olympics is good for Japan.(東京オリンピックは日本にとって良いことだ)
・Japan should change the constitution. (日本は改憲すべきだ)