秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

10/10(土)「大きな夢と確かな知性を~松本秀峰中等教育学校の取り組み~」というタイトルで、開校への取り組みを紹介するテレビ番組が放映されました。

社会と教育環境の急激な変化を受けて、いま全国的に中等教育の在り方に係わるさまざまな再検証・再検討・議論が行われています。
なかでも本県では、来春県下初の完全6年制中等教育学校として本校が開校することもあり、中学・高校6年間の中等教育の在り方はどうあるべきなのか、これまで以上に強い関心と熱い議論が湧き上がっているようです。
現在では、公立中高一貫校の未設置が富山鳥取長野の3県のみということもあり、先日も長野県教委が設置計画案を決定したことが大きく報じられました。


そんな中放映された松本秀峰の特別番組。
小宮山校長や金井準備室長から語られる教育理念や建学の精神、教育目標に焦点を当て、既に東海地区で開校5年目となる海陽中等教育学校への取材も交えながら、開校準備の取り組みと地域の反響を紹介するといった内容でした。
校舎竣工のご披露も兼ね10月4日に実施した学校説明会の様子や、教務担当者の想いも紹介され、私たちも満足のいく番組になっていたと喜んでいるところです。


再放送は10.28(水)午前10:50~11:20 信越放送(SBC)!是非ご覧ください。



いよいよ11月29日は入学試験。
入試説明会は11月1日、1回限りです。
是非説明会にご参加いただき、万全を期して秀峰入試に臨んでいただきたいと思います。
当日より、生徒募集要項(入学願書)を配布致します。
児童の皆さんの"未来へのチャレンジ"待っています。

開校10周年記念事業