秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

学校行事

MSHIP医学進学プロジェクト第3回特別講演会

12月7日(木)、講師に松本協立病院 副院長 佐野達夫医師をお迎えし、「健康の決定要因と地域医療」をテーマに講演が行われました。
参加生徒は1年から5年までの総勢60名余。将来医学部医学科および医療系の進路を考える生徒たちです。
地域の健康を守るために地域の病院の役割や求められていること、なぜその道に進んだのか、医師のやりがいなど、地域の病院ならではの視点でお話してくださいました。
先生は健康の決定要因についてさまざまなデータとともに紹介してくださり、病気が引き起こされる様々な要因について学ぶことができました。
生まれた地域によって、どのくらい生きることができるかはある程度決まっているという話を聞いて、改めて考えさせられた生徒も多かったようです。
「地域医療」とは地域を知ること、そこに生活している患者さんの生活背景を知り、治療にあたることだということに気づかされました。
生徒たちはこの講演をきっかけに視野を広げ、自主的に多くのことを吸収していってくれるのではないかと思います。
医療知識だけにとどまらない、医師という職業の本質にせまる話をしてくださった佐野先生に心から感謝します。ありがとうございました。

開校10周年記念事業