秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

授業実践

日本美術の傑作に触れ  先人の偉業に思いを馳せる

1学年は、松本市美術館で美術鑑賞を行いました。鑑賞したのは、企画展「橋本雅邦と幻の四天王-西郷孤月・横山大観・下村観山・菱田春草-」。現在、歴史的にも貴重な作品が松本市美術館に集結しています。明治期の日本画に新しい風を吹きこんだ偉大な先人に想いをはせ、日本美術がもつ魅力を感じ取ることができました。また、美術鑑賞を通して、公共施設でのマナーや作品を鑑賞する際の気配りなども学びました。

事前学習では、美術鑑賞の意義や企画展の概要について学び、美術館では、観賞に集中しつつ何度もメモをとる生徒の姿が見られました。優れた表現力を体感し、描かれた時代や作者の立場などの背景をふまえて作品のメッセージを感じ取る。より踏み込んだ鑑賞のしかたを学ぶことができたようです。

西郷孤月や菱田春草は信州出身です。彼らのすばらしい業績を知ることで、郷土を誇りに思う気持ちと、広く世に羽ばたくことの意義を再認識したようです。

pi151128_001.JPG pi151128_002.JPG

開校10周年記念事業