秀峰 SCHOOL REPORT SHUHO SCHOOL REPORT

授業実践

花のつくりの観察――1学年理科

花が咲きほこっているこの春の季節、1学年理科では花のつくりの観察の単元を学習しています。先日の総合の時間に自然研究でみた桜を、今度は一人ひとりが双眼実体顕微鏡を用いてミクロな視点で観察しました。
実際に目でみて触れた桜がどのような構造をしているのか、生徒たちは疑問を抱きながら熱心に取り組みました。双眼実体顕微鏡の扱いにも慣れてきており、観察に集中する様子がみられました。中には花の中に「先生、アザミウマがいます。見て下さい。」と昆虫を見つける生徒もいました。秀峰生には虫博士もいます。早速本領を発揮してくれました。

どの生徒にもそれぞれの発見があり、これからの学びが楽しみです。

開校10周年記念事業