学校案内

学校長あいさつ

中等教育学校とは 学校概要 学校長あいさつ 教師紹介 校名・校章・校歌 設備・施設 制服・アイテム 学納金 秀峰会PST

学校長写真

人間性豊かな将来のリーダーとなる
人材の育成をめざします

学校法人松商学園 松本秀峰中等教育学校 校長 小宮山 淳

向上心の「基本」は中等教育から。

小児科医として子どもの成長を見つめる中で、その無限の可能性と、それを引き出す教育の威力に思いをいたしてきました。また、医学教育そして総合大学での高等教育にかかわった体験からは、中等教育がいかに重要であるかを思い知らされています。社会のリーダー育成は、大学以前の教育、とりわけ中等教育において、生涯学習を通して自己を高めていく「基本」を身につけることが大切なのです。

たくましく成長する人材を育てたい。

本校では、この「基本」の習得を念頭に、建学の精神に沿って7つの教育目標を定めました。まず6年完全一貫教育の利点を活かし、授業改革に創意工夫をこらし、そのもとで、豊かな人間性、確かな知性や国際性をもち、たくましく成長していく人材の育成を目指します。

心理的な「安全基地」を見いだす。

豊かな人間性なくしてはリーダーとしての素養を育(はぐく)むことはできません。本校では、一人一人の特性・個性・才能を大切にし、共生や共愛の精神のもとで豊かな心の涵養(かんよう)に力を注ぎます。潜在資質の発見は、能力開発を促すとともに、人間形成に確かなプラス作用を及ぼします。自他ともに認める天賦の才は、それが何であっても心理的な「安全基地」となり、揺るぎない自分が形成できるのです。「安全基地」は、心を豊かにし、向上心や自立心を培い、何事にも果敢にチャレンジする踏み台になるのです。それらの発見には、授業、部活動、社会体験活動、多彩な学校行事などを通して、すべての教師が一体となって取り組みます。校長も、生徒とのアットホームなふれあいや対話を密にし健康づくりや全人教育の一端をしっかり担っていきます。

論理的記憶力を磨く。

記憶の仕方は、成長とともに変わります。小学生では、知識の記憶力(暗記力)が優勢ですが、しだいに論理だった記憶力が発達してきます。中学生のころは、知識の記憶力もまだよく保たれてはいますが、論理だった記憶力が少しずつ優勢になっていき、高校生になると、その傾向がはっきりしてきます。そして、丸暗記では知識としてしか役立ちませんが、論理だって覚えると知恵となって広く活用できるのです。本校では独自のカリキュラムによって、年齢も考慮した効率的な教育を一貫して実践してまいります。論理的記憶力を磨く学習方法として、6年一貫教育の時間的ゆとりを活用し、自ら疑問をもち、思考し、それを記述し発表する授業に十分な時間をとるつもりです。こうして問題を発見し解決する喜びは、感動と学ぶ意欲をもたらし、それがまた記憶力を高める効果を発揮します。

家庭、地域、学校が手を携えて。

教育活動は、家庭、地域、学校の連携協力なくしては所期の目的を達成することはできません。校長としても、保護者の方々との面談などによって、建設的な情報交換に努めてまいります。地域の方々には、生徒の学校生活への温かなご配慮やご指導をいただきたいと願っております。みなさま方には、本校の教育方針やスタンスをご理解のうえ、格別なるご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

学歴

昭和39年3月 信州大学医学部卒業
昭和40年4月 信州大学大学院医学研究科 博士課程内科系専攻 入学
昭和44年3月 信州大学大学院医学研究科 博士課程内科系専攻 修了
(医学博士)

職歴

昭和39年4月 日本専売公社東京病院に於いて実地修練
昭和44年4月 信州大学 医学部副手
昭和44年6月 信州大学 医学部助手(小児科学講座)
昭和48年3月 米国南カロライナ医科大学(昭和49年8月まで研究休職)
昭和50年5月 信州大学医学部附属病院 講師(小児科)
昭和60年8月 信州大学医学部 助教授 (小児科学講座)
平成2年11月 信州大学医学部 教授 (小児科学講座)
平成3年10月〜
平成5年9月
信州大学医学部附属病院 中央材料部長
平成4年1月〜
平成7年12月
信州大学医学部附属病院 輸血部長
平成7年10月〜
平成7年11月
信州大学医学部附属病院 中央材料部長
平成7年11月〜
平成11年6月
信州大学医学部附属病院長
平成11年7月〜
平成15年6月
信州大学医学部長
平成15年6月〜
平成21年9月
信州大学長
平成21年10月~
平成28年3月
学校法人松商学園 学園長
松本秀峰中等教育学校 校長
平成30年4月~ 松本秀峰中等教育学校 校長